肝炎の種類とどんな病気なのか

以前、血液製剤によって薬害被害が出たということで、肝炎という言葉を知った人も多いのではないでしょうか?この薬害被害によって社会揉んだにも発展したのですが、この血液製剤によって引き起こされたのは、肝炎の一つであるC型肝炎ですが、この他にもいくつかの肝炎があります。

 

今回は肝炎の種類とその特徴についてお話をしていきたいと思います。まず、A型肝炎からお話をしていきたいと思います。日本ではA型肝炎ウイルスによって、肝炎を発症するという人はほとんどいません。ですが、世界的にみると、アフリカや東南アジアで発症する人が多いです。

 

A型肝炎は水や食べ物と一緒にA型肝炎ウイルスも入り込んでしまい、大便に多くのウイルスが含まれることが特徴です。そのため、まだ衛生面が万全ではない新興国を中心にA型肝炎を発症してしまっているのです。A型肝炎は、ウイルスが入り込んで2週間から6週間ほどたって発症します。

 

A型肝炎を発症した場合、倦怠感やおう吐、下痢、腹痛、頭痛、高温の熱、悪寒などといった風に近い症状が現れるという特徴があります。発症して1週間ほど経過してくると、黒っぽい尿を排出するようになります。

 

この他にも白目部分が黄色く変色してしまったり、色々な部位に黄疸ができてきます。この黄疸が生じたことで、A型肝炎に発症してしまっていることに気づく人も少なくありません。

 

黄疸が生じるころになってくると、だんだん体内のウイルス量も減ってきて、症状も収まってきます。発症をして3か月くらいで完治するため慢性肝炎になるということもありません。また、A型肝炎になると抗体が体の中で作られるため、再びA型肝炎が再発してしまうということもないのです。

 

次にB型肝炎というのは、血液感染をします。少し前までは輸血によってB型肝炎に感染してしまう事例が多かったのですが、今は輸血が原因でB型肝炎に感染してしまうという事例はほぼない状態です。ただ、B型肝炎ウイルスのキャリアが子供を産んだ場合、子どもにもB型肝炎が引き継がれてしまう場合もあります。

 

母親がB型肝炎を発症している場合、子どもが3歳くらいになったころに、子どももB型肝炎を発症してしまうということもあります。子どもは成人と違って抵抗力が高くありませんから、そのままB型肝炎ウイルス保持者であるキャリアになってしまうこともあるのです。

 

そして、キャリアだけではとどまらずに、そのまま満船肝炎を発症してしまう場合もあります。成人になってからB型肝炎を発症した場合、慢性化することはなく、救援肝炎になるということが多いです。どちらにしろ肝臓の病気は重いです。肝臓病になる前にこちら飲んでおきましょう。→肝臓サプリランキング

 

A型肝炎に近い症状があり、2週間から4週間ほど黄疸が生じますが、大体の場合は1か月から3か月くらいで関知します。成人になってからB型肝炎になった場合、A型肝炎と同じく、再発をしてしまうということはありません。

 

なお、生まれた時にはすでにキャリアの状態になっていて、成長していくと、突然ウイルスを免疫機能が排除しようとして肝炎を発症してしまうこともあります。多くの場合は自覚症状が現れないのですが、反対に急性肝炎のようにはっきりと症状が出てしまうケースもあります。肝炎であれば完治させることもできるのですが、完治させることができずに慢性肝炎になってしまい、最終的に肝硬変や肝がんになるという場合もあります。