にんにく卵黄229-55

「にんにく卵黄229?55」の名前の由来はその開発にあるようです。この商品を作っているのは鹿児島県にある小さな健康食品会社。にんにく卵黄は鹿児島で古くから愛用されてきましたが、ニオイのキツさから昨今は敬遠されることが多い健康食品です。

 

しかし、現代の疲れた人にとってこそ、にんにく卵黄は必要な商品であるはず、そう考えた社長はニオイがなく、食べやすいにんにく卵黄を作ることを決意し、何度も試作を重ねました。55回目の試作でようやく満足がいくものを作れたとして、商品名を「にんにく卵黄229?55」にしたそうです。

 

2011年、公益財団法人日本健康・栄養食品協会より鹿児島県で初の健康食品GMP認定を受けました。GMPとは、1962年にアメリカで取り入れられたのに続き、世界保健機構(WHO)で作成された国際基準です。日本では厚生省から公布され、現在では医薬品関係の「製造業の許可を取得する為の必要条件」となっています。

 

主成分であるにんにくと卵にこだわっていることはもちろん、飲みやすく健康食品としての効果が高まるよう、カプセルにも細心の注意が配られました。通常サプリメントのカプセルはハードタイプが使われますが、229?55のカプセルは、胃で溶けず腸で溶ける腸溶性ソフトカプセルを使用しました。

 

にんにくのニオイを最小限抑えつつ、有効成分をしっかり体内で吸収させる為の細やかなアイデアです。「ニオイが全くしない、これならいつでも飲める!」「にんにく卵黄っておじさんの飲むサプリのイメージだったけど、ニオイは全然しないし、これなら私も飲める」「体力がなくて飲み始めたけど、すぐに効果が出て嬉しい」1袋(62粒)1869円。Web販売限定価格は934円です。定期購入コースは1774円とさらにお得です。