年をとったら保湿法を変えよう!

保湿とは、年齢を重ねていくにつれて必要になっていくものです。

 

なぜならば、肌の中にある水分や、それを構成する成分、そして表面を覆う皮脂膜のバランスは、年を追うごとに失われていくからです。

 

10代の頃は、肌の水分や美容成分も十分にあり、新陳代謝も活発なので皮脂分泌も盛んです。なので肌にハリや弾力があり、血色も良いのです。

 

なにも心がけなくても自然と肌の保湿が守られているので、可能ならば洗顔後や入浴後に十分な水分補給や化粧水をつけるだけで問題ないでしょう。

 

20代になると、10代の頃よりも肌の水分が少し減ってきます。まだ若いから10代の頃と変わらないケアで十分だと思う人もいるかもしれませんが、できればこの頃から少しずつ保湿の知識を身につけ、日ごろから肌への保湿を心がけると、潤いのある肌が持続します。

 

30代を越えた頃から、いちだんと水分やハリの元になっている成分などが失われていきます。保水と保湿をしっかりと行わなければ肌が乾燥し、シミやソバカスなどの原因を作ってしまうかもしれません。

 

更に40代以降からは、自分の年齢や肌の質に合った保湿ケアをきちんと心がけなければ、明らかにたるみや皺などに結びついてしまいます。

 

このように、肌に備わっている貴重な成分は若い頃には十分にありますが、年を追うごとに失われていくので、ゆくゆくは外側から補っていく必要があるのです。

 

また、なかには体内で生成できない成分もあるので、保湿の過程で美容液も活用すると良いでしょう。

 

肌のバランスは、保湿だけでなく適度な運動や水分補給、日常の食生活、ストレスなどによっても変化するので、日ごろから各ケアを行うことを心がけましょう。